目元に効く!人気のアイクリームおすすめランキング

目元に効く!人気のアイクリームおすすめランキング

効果があるのはどれ?人気のアイクリームを徹底比較

2位 B.A ザ・アイクリーム
1位 イデアアクトR プロジェマックス リンクルボトセラム
3位 クレームコントゥールデジュー

口コミで評判のアイクリームを徹底検証!

シワ・たるみ・シミなど、目元のお悩み解決に効果を発揮してくれるお助けアイテム「アイクリーム」。目元の悩みへの効果が高いと評判のアイテムを以下の点で比較し、ランキングにまとめてみました。

  • 配合成分目元の悩みに働く成分が入っているかが重要。「シワ」「たるみ」には、保湿だけでなく肌組織に働いてハリを与えてくれる成分、シミには抗酸化・美白効果を持つ成分が入っていると◎です。
  • 肌への優しさ:目もと周辺の皮膚は薄くてデリケートなので、肌に優しいコスメを選びたいもの。無添加で安全性にも配慮したアイクリームがベターです。
  • アイクリーム愛用者の口コミ:高価なものが多いアイクリームですが、価格に見合った目元への効果がないと、続ける気も起きません。

-----

「全てのシワ・目元のたるみにアプローチ!11種類の美容成分を高配合」

イデアアクトR プロジェマックス リンクルボトセラムの詳細はこちら

販売元
シーボディ

1日あたりの価格
140円

シワたるみしみ

肌への優しさ

5項目無添加

無香料・無着色・鉱物油フリー
パラベンフリー・アルコールフリー
敏感肌・アレルギー肌の方も安心

配合成分&目元の悩みへの働き

  • 「シワが消える」と、芸能人や海外セレブが絶賛する「シンエイク(蛇毒)」や、今世界で注目の若返り成分「プロジェリン」など、11種類の贅沢な美容成分が、表情ジワ・加齢ジワ・乾燥ジワ、全てのシワにアプローチ!肌を元気にしてハリを与える働きもあるので、肌や目元のたるみ改善にも効果を発揮する。
  • 抗酸化成分が、シミの原因となる活性酸素を取り除いてくれるので、シミの予防・改善も見込める。

アイクリーム愛用者の口コミ

  • 最強クリームです。特に「ちりめんジワ」には即効性有りですね!たった数分で目立たなくなります。浸透が早くべたつかないので、忙しい朝にも使いやすいですよ♪
  • まだ数日しか使っていませんが、明らかに目の下のシワが浅くなっているのが分かります。特に夕方の目元に違いが!しっとり保湿感があるので、乾燥じわにもGood。
  • 出来てしまったシワに効くのはありがたい♪浅い小皺なら、すぐに目立たなくしてくれます。目元の乾燥対策にもおすすめです。
  • 使用2日目に涙袋が復活!使い始めて3~4日くらいから、ガンコな目の下のシワが薄くなってビックリです!

「肌内部を補強する“強度コラーゲン”を鍛えて、シワ・たるみを防ぐ」

B.A ザ アイクリームの詳細はこちら

販売元
POLA

1日あたりの価格
233円

シワたるみしみ

肌への優しさ

1項目無添加

(無着色)
アレルギーテスト済み、
ブーケフローラル調の香料を添加

配合成分&目元の悩みへの働き

  • 肌を補強する「強度コラーゲン」を鍛える独自の「X型補強リフォーム発想」を取り入れたアイクリーム。肌内部のコラーゲンを強化してハリを与え、目元ゆるみやシワ、たるみを防ぐ。
  • 「月桃葉B.Aリキッド」「アケビ茎エキス」をはじめとする保湿成分がたくさん入っているので、乾燥ジワにも効果的。美白成分も入っているので、シミの原因メラニンの生成も抑え、シミ予防もできる。

アイクリーム愛用者の口コミ

  • 効果バツグンです。まぶたのシワっぽさや落ち込みを感じ、B.A ザ アイクリームを2ヶ月ちょっと使用。肌診断の結果も一年前に比べ、シワがけっこう減っていました。
  • 目のまわりがプルプルになって、小じわが目立たなくなってきました。即効性があるので使いごたえアリです!あまりに効くので、顔全体に使いたいくらいです。
  • B.Aのアイクリームが発売されたので、早速サンプルを使ったところ、気になる目の下のたるみ、ちりめんじわへの効果に感激。お高いですが、それ以上の効果が期待できそうです。

「4つの美白有効成分がシミの原因“メラニン”を撃退」

クレームコントゥールデジューの詳細はこちら

販売元
資生堂
クレ・ド・ポー ボーテ

1日あたりの価格
218円

シワたるみしみ

肌への優しさ

1項目無添加

(パラベンフリー)
アレルギーテスト済み

配合成分&目元の悩みへの働き

  • 独自成分「4MSK」や「トラネキサム酸」などの4つの美白有効成分が、メラニンを撃退してシミを防ぐ。
  • 付属のマッサージャーも使うことで、血行促進効果大。「Sヒアルロン酸」が肌にハリを与えて、たるみを改善してくれる。

アイクリーム愛用者の口コミ

  • 「クレームコントゥールデジュー」を使って、色素沈着や目元のクマなど、目もと専用のコスメでしかできない仕事があると痛感しました。肌にのせるとスーッと伸びる感じがたまりません。
  • これを塗ると、シワ・たるみ・くすみと、気になっていた目もとの印象が変わり、効果ありと実感!付属のスパチュラでのマッサージがクセになりそうです♪
  • 美容液と合わせて使っていますが、疲労感がたまった目もとがかなり抜けて、明るさもましてきました。小じわやクマなども薄くなってきて効果を感じています。

「肌細胞を作り目元の血行を良くして、肌の若返りを目指す」

プロディジー P.C. アイの詳細はこちら

販売元
ヘレナ ルビンスタイン

1日あたりの価格
148円

シワたるみしみ

肌への優しさ

3項目無添加

(無香料・鉱物油フリー・アルコールフリー)
ラウレス-4(アレルギー性あり)を含有。

配合成分&目元の悩みへの働き

  • 肌を若返らせる独自成分「クリスマムマリチマムカルス培養液」が、加齢ジワや乾燥ジワ、たるみの改善に期待大。回転式アプリケーター「アイリフレソリューション」でマッサージすることで、目元の血流改善ケアもできる。
  • 抗酸化作用をもつ「アンマロク果実エキス」に、シミの原因のひとつ「活性酸素」を除去する働きも。

アイクリーム愛用者の口コミ

  • 気になっていた三重が無くなりました。翌朝の目元が、結構スッキリしているので、目元のたるみにも効果があるのかも♪
  • 回転式アプリケーターが冷たくて気持ちいいです(もう片方の目に使うときには温くなりますが…)。目を細めたときに目尻に集中してできる小皺が、前より少なくなっていました。
  • 付けた直後に瞼の軽さやハリを感じます。翌朝になくなりますが、目元を触った時のしっとり感は残っていました。夕方になると出てくるちりめんじわも軽減されました。

エクラ スプレンドゥール クレーム ユー ルヴィヴィフィアント

「目元のシワ・たるみ・シミに4つの保湿成分がマルチに働く」

エクラ スプレンドゥール クレーム ユー ルヴィヴィフィアントの詳細はこちら

販売元
ランコム

1日あたりの価格
266円

シワたるみしみ

肌への優しさ

1項目無添加

(鉱物油フリー)

配合成分&目元の悩みへの働き

  • 4つの保湿成分や抗シワ成分「トルメンチラ根エキス」を配合。加齢じわや乾燥じわにアプローチ。
  • 抗酸化成分「ルイボスエキス」が、シミの原因「活性酸素」を抑制し、シミを予防してくれる。

※2015年3月、販売終了しているようです。

アイクリーム愛用者の口コミ

  • メイクの上からでも使え、しっかりうるおってくれます。とっても優秀、小皺ナシです。
  • 数時間後、化粧室の鏡で自分の顔を見ると、目のまわりの乾燥じわが消えていました!今も使い続けています。
  • 右目下に2本シワがありましたが、浅いシワが翌日には半分くらい消えて、数日後にはほとんど見えなくなりました。嬉しくて家族にもチェックしてもらったので、確かです。

そのほかおすすめのアイクリーム

アドバンス ナイト リペア アイ S コンプレックス

小じわやくすみ、たるみなど、それぞれの肌トラブルに応じてスキンケアを使い分けるのは大変ですよね。アドバンス ナイト リペア アイ S コンプレックスは、これ一本でお肌のさまざまな悩みに積極的にアプローチします。

いつものお手入れにプラス10秒で、自己修復力の高い素肌を目指しましょう。購入者の3人に1人という高いリピート率を誇り、150以上の国と地域で7秒に1本売れている大人気のスキンケアです。

アベイユ ロイヤル アイ

ウェッサン島の固有種である黒ミツバチから取れる、希少価値の高いウェッサンハニーを贅沢に使用しています。農薬や害虫の被害もなく、アミノ酸やミネラル、糖質などを豊富に含んでいるため美肌にもとても効果的です。

また、高濃度のロイヤルゼリーを従来の2倍使用し、より高いエイジングケア効果を実現しています。

この2つの相乗効果で生まれたゲラン独自の有効成分が、今あるエイジングサインを改善し、未来のエイジングサインも予防してくれます。

ダーマエラスティックX アイスペシャリスト

年齢が出やすいアイゾーンに、形状を記憶させるように馴染ませることで弾力とハリをキープしてくれます。また、独自の高浸透技術である「ディープターゲットデリバリー」を採用し、美容成分を肌の奥の角質層にまでしっかりと届かせることができるのもポイントです。

濃厚なクリームで肌にフタをして、目もとだけでなく口元のエイジングケアにも効果を発揮する高機能アイクリームです。

リフト アフィーヌ アイ

ゴールドのテクスチャが肌にすっと馴染み、ハリのある魅力的な目元へと導きます。

使用方法はとても簡単で、化粧水後に手のひらで軽く温めたクリームを目もとに優しく馴染ませるだけです。

こちらのリフトアフティーヌアイは使用者の満足度がとても高く、84%もの方が目元がすっきりと引き締まったと実感しています。香りはさわやかなグリーンフローラルで、使い心地の良いアイクリームです。

カプチュールXP アイクリーム

女性の素肌の美しさを引き出すことをテーマとしているディオールのスキンケア商品の中でも、年齢が出やすい目元用に開発されたクリームです。伸びが良く、肌に馴染みやすいテクスチャーで肌の内側からハリと弾力のある肌へと導きます。

肌のしぼみ原因となる肌内部にアプローチして肌の再生力を高めるため、特に小じわに対して高い効果を発揮します。

べとつかず、さらりとして使いやすいのが特徴です。

スキンシグネチャー アイクリーム

保湿効果に優れたスキンシグネチャーアイクリームは、肌の乾燥を防いでシワやたるみに効果的に働きかけます。

とろけるように滑らかなクリームはデリケートな目元にも馴染みやすく、ふっくらとハリが出て目ヂカラのアップにも繋がるのだそうです。

クマや小ジワはもちろんのこと、ほうれい線が目立たなくなったという方も!その保湿力の高さで、多くの方が効果を実感しているようです。

エクラ スプレンドゥール クレーム

優れた保湿成分の効果で、肌の形状記憶をしてくれるアイクリームとしても人気の高い商品です。即効性があるので、片側だけで試してみるとその違いを実感できるはずです。

エクラ スプレンドゥール クレームのおすすめポイントと言えば、何と言ってもメイクの上からでも使えるという事です。

外出先などでも手軽にお直しすることができるという優れもの。夕方にはどうしても疲れがちになる目もとも、ひと手間ですっきりしますよ。

エクシアAL リペアアイクリーム

キメが乱れがちな目元をいたわり、しっかりと潤して保護するリッチな感触のアイクリームです。

角層のうるおいバランスを整えて、ハリと透明感のあるみずみずしい肌へと導きます。

クリームはこってりと濃厚ですが、ベタつかず馴染みが良いのが特徴です。柔らかく伸びもよいため、少ない量でも充分な効果が期待できます。

たっぷり使うことができるので、納得のコストパフォーマンスです。

キールズ アイクリーム PW

肌のたるみ予防や引き締め効果のあるカフェインを配合し、年齢の影響が出やすい目元もしっかりとカバーします。

また、肌本来のバリア機能をサポートするPCAカルシウムと肌の保湿力を高めるPCA銅で、高い整肌と保湿機能を実現しています。

クリームは柔らかすぎないしっかりとしたテクスチャですが、伸びが良く小じわが気になる目もとにもスッと馴染みます。

コスパが良いので、初めての方でも手にしやすいアイクリームです。

シャネル サブリマージュ ラクレームユー

奇跡の植物とも呼ばれるヴァニラプラニフォリアに含まれる稀少成分を、贅沢に使用しています。

さらにシミや小じわなど、目の周囲の皮膚の悩みに効果的にアプローチするようシャネル独自の成分を配合。くすみのない透明感のある目元を実現します。疲れや寝不足によってできたクマの改善にも効果が期待でき、より一層明るく晴れやかな目もとへと近づきます。

口コミでの評価も高く、多くの方から選ばれているようです。

顔の印象は目元で決まる

女性にとってメイクは身だしなみの一つ。スキンケア感覚で毎日メイクを施します。その中で最も力を入れるのが目元です。ある調査で、女性の7割以上がアイメイクに時間をかけていることがわかりました。アイシャドー、アイライナー、つけまつげの工程で目元は驚くほど変化します。

その一方で、顔のパーツで最も老けやすいのが目元です。周辺の皮膚が他のパーツに比べて薄いため、乾燥しやすく老けた印象を与えます。アイメイクで美しくなることも重要ですが、それ以前に、老けないためのケアが必要でしょう。そのためにはアイクリームを率先して使うことが求められます。そして目元の乾燥及び、老けの原因となるものを取り除いてくれるので、今後アイメイクを続けるのであれば必須アイテムといえます。

目元は顔の中でも最も乾燥しやすい部位

目元以外のパーツはしっかり潤うのに、目元だけいつも乾燥しているなんて方はいらっしゃいませんか?繰り返し化粧水や乳液をつけても、しっとり感が味わえないのは仕方のないことです。目元は、パーツの中で最も乾燥しやすく、そして皮膚も薄いため年齢が出やすい箇所だからです。

目元が乾燥する主な原因は、水分を溜め込むことができないためです。皮膚が薄いということはつまり、頬に比べて保水出来る量がかなり少なくなることを意味します。だから一生懸命スキンケアしても、時間が経つにつれて乾燥するのです。ちなみに脂肪線も他に比べて少ないので、潤いを与えるには皮脂量を増やす必要があります。また、目が痒い、目をこするといった無意識な行動も、目元を乾燥させる要因の一つです。目元は皮膚がとても薄いので少しこすっただけでもかなりのダメージを与えます。かゆくても、優しくこする、目をやたら触らないよう気をつけるべきでしょう。

そして普段私達がしているアイメイクも、バリア機能を低下させます。例えばファンデーションを塗る時パフで強くこすったり、アイシャドウを塗る時にチップを使っていたりすると老けを自ら早めることになります。もともと、目元の水分量はかなり少ないので、毎日のアイメイクがシワ、たるみを引き起こすことはとくに不思議ではありません。しかしできるうちから目元ケアに力をいれるのは今後必要でしょう。

アイクリームにはどんな効果があるのか?

目元の悩みを解決してくれる手助けをしてくれるのがアイクリームです。目元は年齢の印象を大きく左右するにもかかわらず疲労や睡眠不足による血行不良が一番に現れます。

目の周りの皮膚には筋肉も少なく皺のできやすい箇所でもあります。アイクリームはつけたその日からさっそく効果が出るものではありませんが、続けることで多くの方が悩みを解消しています。ファンデーションやコンシーラーで隠し方を悩む間にアイクリームを試してみましょう。

アイクリームを使用するメリット5つ

高価なイメージがあるアイクリームですが一度に使う量は多くても小豆大程度です。

内容量から考えても1回に使う量を金額にするとそれほど高くありません。しっかり効果が出るように説明書記載の使用量を守って確実にケアしましょう。

1.高い保湿効果で乾燥を防げる

アイクリームの一番の特徴は保湿効果が高いことです。人体の中で一番皮膚の薄いと言われる目元のケアができるアイクリームは他の化粧品に比べて保湿効果が格段に高く作られています。

皮膚が薄いために目元はたくさんの水分を保つことができません。保湿効果が長く持続するものを選びましょう。乾燥を感じても化粧をした上からではアイクリームは使えません。何度もつけなおすことができない分だけ長く保湿してくれる製品を選ぶと悩みも減ります。

重ねてエタノールが含まれたものは避けましょう。エタノールは水分を蒸発させ、肌への刺激になるためです。時折香料の入った製品もありますが思わぬ刺激にならないように通常不要なものは可能な限り避けます。

アイクリームは目元と同じように年齢が出やすいと言われる手の甲に使っている方もいらっしゃいます。ほうれい線や口元のシワにも効果があるので化粧水や乳液の保湿と合わせてアイクリームを使うのも効果的です。

2.肌の血色がよく見えるようになる

クマが原因の黒ずみやたるみの影で目元が黒ずんでいると顔色が一気に悪く見えてしまいます。化粧で隠そうとしてファンデーションやコンシーラーを厚塗りすると余計にその箇所を目立たせる結果にもなりかねません。ケアをするならアイクリームを使って徐々に解消するのが最適です。

特にクマは色である程度原因がわかるので対処もしやすくなっています。青っぽいクマは血行不良によってできています。血行促進効果の高い製品を使うとぴったりです。黒っぽいクマの場合はたるみが原因なので保湿効果の高いもの使いましょう。

目元のマッサージも行ってたるみ事態を解消することに努めます。茶色っぽいクマの場合は黒や青いクマの色素が沈着してできてしまっています。美白効果の高い製品を使って色を薄くすることから始めましょう。

アイクリームもたくさん種類が用意されておりそれぞれが特徴を持っています。自分の目元の気になる症状に合わせて使う製品も変えてみましょう。

3.アンチエイジングにも効果がある

シワの悩みを抱えやすいパーツはよく動き、乾燥しやすいところです。目元は両方に該当し、早い段階で乾燥とシワのケアができないといつの間にか取れないシワが刻まれてしまいます。

アイクリームはまさにシワと乾燥を防ぐのでそんな意味でもアンチエイジング効果があると言えます。シワ自体が気にならないレベルで予防的に使うならば他の保湿液を使って保湿に気を付けるだけでも十分です。

ビタミンC誘導体の含まれたものを使うと皮膚を整えつつハリのある肌に仕上げることができます。気になるシワが刻まれるようになってきたらアイクリームの導入時です。自分の肌に合ったものを探して使ってみましょう。

結局肝心なのは乾燥させないこととたるませないことです。その効果が得られるものをきちんと探しましょう。

重ねてアイクリームは一朝一夕で効果のあるものではありません。続けやすい価格帯のものを選び継続してケアすることで確実にアンチエイジング効果を得ましょう。

4.良好な肌コンディションによって化粧もしやすい

朝から化粧をしている最中にシワやクマを見つけるとそれだけで憂鬱になってしまいます。隠そうとしてファンデーションを厚塗りすると結果的に気になる部分を目立たせてしまう結果になりかねません。

コンシーラーも使い方と使う色をしっかり考えないとその部分だけ変に浮いてしまいます。綺麗に隠そうとするとそれなりにメイクの技術が必要です。しかしメイクに自信のない方でも素肌のコンディションがよければ特別技術でカバーする必要もなくなります。日頃からアイクリームを使って保湿に気を付け、肌のコンディションをいい状態で保てるようにしましょう。

厚塗りをしなければ崩れづらくもなり、メイク直しもそれほど必要ありません。毎日のケアは少し面倒かもしれませんが習慣にしてしまえば毎朝納得のいく素肌が手に入ります。メイクで隠すことに時間を使わなくなればアイメイクやリップに時間を割くことができ、思い通りにできたメイクで毎日を過ごすことができます。

5.自然由来の製品も多く肌に優しい

自然由来で効果のある保湿成分も多くあります。アボカド油やヒマワリ種子油などはアイクリームによく含まれます。アロエベラ葉のエキスも効果的です。デリケートな目元だけに荒れたりしないよう、使う化粧品も選びたいところです。毎日使う化粧品だからこそ使うものは納得した上で購入しましょう。

他にも肌に有効な成分がそれぞれの製品に含まれています。ビタミンC誘導体が入っていると肌の奥まで浸透してふっくらとした目元を作ってくれます。スクワランが入っていると保湿効果は抜群です。長時間乾燥しらずの目元を作ってくれます。オフィスの冷暖房もこれでもう怖くありません。

アイクリームの目的はおおむね保湿して乾燥を防ぐことですがプラスアルファの機能があっても損はしません。自分の目元の症状に合わせた追加効果を狙って製品を選びましょう。続けるからには価格も気になります。高いものを無理して買わずに長く継続できる価格のものをターゲットにして選ぶと失敗がありません。

アイクリームを使用するデメリット

アイクリームはある程度の期間継続して使ってこそ効果の出るものです。明日突然シワやたるみをどうにかしようとしてもアイクリームでの対応は難しいものになります。医薬品ではないため効果もマイルドで実感できるのは使い始めてしばらく経ってからになります。

アイクリームほどの保湿効果を持った化粧水や乳液も珍しいのでオールインワンのような化粧品に慣れている方からすると面倒な手順が一つ増えることにもなります。

何よりも引っかかるポイントは価格面でしょう。どこのメーカーのアイクリームも容量のわりに価格設定が高めに感じられます。実際使う量がそれほど多くないので一日当たりの金額で比較するとそれほど高くはなりません。

それでも初回だけ無理をして高額なものを購入するとその後続けることができなくなります。しばらくは継続して使うつもり何本か帰る程度の価格のものを選びましょう。

深いシワやたるみには効果が表れにくい

目元にできてしまった深いシワの原因は肌の老化やコラーゲンの減少が原因となります。アイクリームはあくまでも保湿がメインなので既に真皮層に深く刻まれてしまったシワを劇的に改善することはできません。

アイクリームの役割はこれ以上しわを作らせないことと小ジワをなくし目立たなくすることです。もちろん全く効果がないわけではありませんが小ジワや通常のたるみに比べると効果は減ります。

ただし、改善のためにヒアルロン酸注入などの手術を受けても生活リズムの中に肌が老化しやすい習慣が組み込まれていては時間とともに同じシワがどんどん刻まれてしまいます。肌が老化するサイクルを止めるところはアイクリームの出番です。

シワが完全になくならずとも顔色を明るくするなどアンチエイジング効果もあるので手術を検討しているくらいならコツコツ使ってみましょう。

製品によって肌に合わないがモノある

保湿に加えてハリのある肌や血色の良い肌を作り出すために各化粧品会社から様々なアイクリームが発売されています。追加成分も天然素材などこだわりのあるものばかりです。自分に合った製品を使うのが一番ですが1本当たりの値段が高いのでなかなか何社も何本も試すことは難しいでしょう。

短期間では効果が出ない性質のものなのでアレルギー症状などを起こさない限りはテクスチャのよいものなど使いやすいものを選びましょう。

また微妙に色が異なることもあり、自分の肌の色と合わせるとどうにも合わないものもあります。使用感や色などは一度サンプルを使えばわかるものなのである程度効果効能で絞り込んだ後はサンプルで試してみましょう。

高価なものだから必ず効果が出るかと言えばそうではありません。結局は自分の肌に一番合っていることが最も重要な要件になります。

アイクリームの効果を引き出す方法

肌が乾燥する冬は、目元トラブルが増加する時です。保湿に気をつけても、時間の経過でシワが目立つなんてことは日常茶飯事でしょう。皮膚の薄い目元は、外部からの刺激を受けやすい部分なので、紫外線対策はもちろん、普段のケアを今以上に行なうことが大切です。

目元の老けを改善する今流行りのアイクリームは、数々のメーカーが販売しています。どの商品も目元に嬉しい美容成分が含まれており、塗るだけで潤いを与えてくれるのは確かでしょう。しかし、塗り方を間違えるとせっかくの効果が水の泡になります。そのため、下記の通りにケアをする必要があります。

  • 1:洗顔で汚れを落とす
  • 2:化粧水で保湿する
  • 3:美容液でターンオーバーを整える
  • 4:アイクリームで張りのある美しい目元にする
  • 5:クリームで肌全体の保護をする

基本的にアイクリームは、普段行っているスキンケアの間で行ないます。また皮脂腺が少ない目元は、スキンケアによる保湿と保護が重要と言われています。さらにスキンケアを正しく行なうことで肌のターンオーバーを正常に行ない、より瑞々しい肌へと進化させられるのです。

アイクリームを塗る正しい手順とは?

目元の乾燥を防いでくれるアイクリームですが、これはただ使えばいいというものではありません。使うタイミングに気をつける必要があるのはもちろん、塗る手順も正しくマスターしておかなければいけません。適当に使ってしまうと効果が半減するのは当然のこととして、場合によっては逆に肌状態を悪化させてしまうこともあるからです。取扱説明書をしっかりと読み込んで、使用法を間違えないよう気をつけましょう。

商品ごとにいつどんな目的で使うのかも違っていますが、基本的には洗顔後に使うのが理想的です。化粧を落として寝る前に使えば、効果は大きくなります。

また、化粧水や美容液、乳液等を使っているのであれば、その後に使うのがおすすめです。まずは化粧水を使い、その後に美容液、次に乳液を使って、最後にアイクリームを塗り込んでいきます。順番を考えずに使ってしまうと、アイクリームはもちろん、他の化粧品の効果まで半減させてしまいます。順番は間違えないように気をつけましょう。

1.優しくアイクリームを塗り込む

まずはアイクリームを塗り込むのですが、このときに無駄な力を入れてはいけません。優しく肌に刺激を与えないように塗り込むことが大事です。力の入りにくい薬指や小指を使えば、肌へのダメージは最小限に抑えられます。

クリームの量にも注意が必要です。量は多すぎてもいけませんし、少なすぎてもいけません。商品ごとに適切な量が違っているので、しっかりと確認をした上で使っていくようにしましょう。

また、目元と言っても範囲は広いです。目頭が気になる人もいれば、目尻が気になる人もいます。目の下のクマの部分が気になる人もいることでしょう。基本的には、その気になっている部分に重点的に塗るようにします。

広い範囲に塗り伸ばしたいなら、まずは均等な間隔を空けて点置きするといいでしょう。点置きした上で指で塗り伸ばすと、一部分だけにクリームが偏ってしまうこともなくなります。

ちなみにアイクリームを塗る時間は、自分の肌状態を詳しく確認する貴重な機会でもあります。できれば鏡を見ながら、問題点を認識しつつ塗り込んでいきましょう。

2.目尻のマッサージ

目元の皮膚は非常に薄いので、あまり強くマッサージをしてはいけません。強くマッサージをすると、逆にシワが増えてしまう結果になりかねないからです。ただ、クリームはしっかりと塗り込まなければいけませんし、血行も良くしておく必要はあるでしょう。血行が良くならなければ、アイクリームの有効成分も各所に行き渡りません。最低限のマッサージはしなければいけませんし、間違わないよう正しい方法をマスターしておくことも重要です。

基本的にアイクリームは目の周りを円を描くように塗り込んでいきます。目尻はシワができやすい部分なので、シワを伸ばすように外に向かって広げるイメージで指を動かしていきましょう。目の下のくぼみに沿って、目尻、さらにその先のこめかみあたりにまでシワを伸ばしていくイメージでマッサージすると効果的です。外側から内側にマッサージをすると、逆にそれがシワの原因になることもあります。方向は間違わないよう要注意です。

3.目の周りのツボを押す

目の周りには、美容にいいツボがたくさん存在しています。アイクリームを塗りながらツボ押しをすることで、小ジワを目立たなくすることができます。代表的なツボは覚えておいて、肌の状態に合わせて使い分けていくといいでしょう。

目の下のくぼんだ部分には、「救後」というツボがあります。これは目尻の小ジワ解消に効果的なツボです。アイクリームを塗った後に、適度な力加減で押してあげましょう。回数はそう多くなくても大丈夫です。五回前後押すだけでも効果があると言われているので、アンチエイジングを始める年齢になったなら忘れずに押しておきましょう。

「絲竹空」というツボも、この時に押しておくのがいいでしょう。目尻から少し上がって、眉毛の下あたりにこのツボはあります。目の疲れを取るのに効果があると言われているので、このツボを押してから就寝すれば、翌日も元気に活動できます。

「睛明」というツボは、目元のコリを和らげてくれます。目元にハリも戻ってくるので、このツボも押しておきたいところです。

強くアイクリームを塗り込むのは禁止!

アイクリームの有効成分を肌の奥にまで浸透させようと、指で強く塗り込む人がいます。しかし、その行為は厳禁です。なぜなら、あまりにも強くこすってしまうと、アイクリームの有効成分が破壊されてしまう恐れがあるからです。

また、目元の皮膚は非常に薄く、刺激に弱いです。顔の他の部分の皮膚に比べても目元の皮膚は圧倒的に薄いので、あまりにも指で強くこすると小ジワやたるみができてしまうかもしれません。毎日繰り返し行うことで、色素沈着を起こしてしまう可能性も出てきます。

アイクリームを使って目元のケアをしたはずが、逆に目元のシワや黒ずみを増やしてしまうという結果に陥ることは十分に考えられます。力はできるだけ入れないようにしましょう。

アイクリームを塗るときには、優しく塗り込むのがコツです。優しく塗り込んでも、クリームは時間とともに肌に染み込んでいくので心配をする必要はありません。

人差し指や中指ではどうしても力が入ってしまうというのであれば、薬指や小指を使って塗ることをおすすめします。薬指や小指なら無駄な力が入りにくく、自然と優しく塗り込んでいけるからです。

商品ごとに塗りやすさも違っています。今使っている商品が塗りにくいというのであれば、よりなめらかに塗れる商品を探してみるのもいいでしょう。最近は塗りやすさや伸ばしやすさに注力した商品も開発されています。

ただ、強く塗らないことばかりに気を取られてもいけません。目元のマッサージをある程度しておかないと、血行が良くならないからです。アイクリームの栄養素は、毛細血管に乗って隅々まで行き渡ります。ある程度はマッサージをして血行を良くしておくことも重要なのです。

就寝前や入浴時のケアがオススメ

アイクリームを使うタイミングでおすすめなのは、入浴時や就寝前です。アイクリームは肌に余計なものが付いている状態で使ってもあまり意味がないからです。

化粧をしていると、それがバリアになって、せっかくのアイクリームの有効成分が肌に浸透しにくくなります。化粧はしっかりと落としてから使うのが基本です。

また、人間の肌には「皮脂」という天然のバリアも存在しています。化粧だけではなく、その皮脂バリアまで剥がしてから使っていくのが理想的です。それゆえ、使用のベストタイミングが入浴時になるわけです。

入浴時なら肌は生まれたままの状態に最も近くなります。アイクリームの効能も発揮させやすくなるはずです。入浴時なら毛穴も広がっていて、クリームがより肌に浸透していきやすいというメリットも生まれます。汚れた手も洗いやすく、面倒がない点もお風呂場ならではの利点でしょう。

化粧水や美容液、アイクリームなどの美容グッズ一式をお風呂場に置いておくのはいい考えかもしれません。ちなみに、半身浴をしながら目元のケアをしていくと時短にも繋がります。

就寝前もアイクリームを使うベストなタイミングの一つです。寝ている間は水分補給が難しく、肌が乾燥しやすくなります。肌は乾燥をするとシワになりやすいという性質を持っています。アイクリームでその乾燥を防ごうという人が多いわけです。

寝る直前にアイクリームを塗り込んでおくだけで、別途水分補給をしなくても、みずみずしい肌状態を朝まで維持可能です。翌朝の肌状態も良好になり、メイクもしやすくなります。

しかもそれだけではなく、睡眠時には肌細胞の再生も行われています。アイクリームの中には栄養分も大量に含まれているので、塗って寝れば再生効率まで高められます。

まつげも同時にケアできる!

一つで二役こなすアイクリームはネットの口コミで高く評価されています。商品の特徴は、まつ毛のケアと育毛を同時に行えることです。目元以前に、まつ毛が短いと悩む女性は大変多いです。加えて、目尻のシワやたるみのダブルパンチですから一本で二つの効果を得たいと思うのは当然でしょう。実際に、まつげと目元を同時にケアできるアイクリームを使った人たちは次の事を強く実感しているようです。

  • 一度に二箇所のケアができるので面倒じゃない
  • 目元の悩みを同時に解決できて嬉しい
  • 療法に使えるのでコスパがいい

目元とまつ毛ケアが同時にできる画期的なアイクリームのお陰で、多くの方がメリットを得ることができました。そして時短&経済的という部分で、ますます売り上げが伸びそうですね。特にパソコンで目を酷使している、瞼が慣れぼったい、まつ毛を抜くクセが治らず、数が減ってしまった、まつエクの影響で薄くなったという方は、両方ケアができるアイクリームをぜひ試して頂きたいです。

敏感肌に合ったアイクリームの選び方

年齢を重ねるごとに出てくる目元のシワやたるみ、クマはアイクリームでケアをすることで改善できますが、皮膚が薄い分敏感肌の場合使い勝手が悪いなと感じるかもしれません。目元はとてもデリケートな部分なので、アイクリーム選びは慎重に行いたいものです。

保湿成分のチェックは忘れずに

アイクリームを選ぶ時に重視したいのが保湿です。敏感肌の場合、保湿成分が少なめだと返ってカサカサになり、荒れる恐れがあります。稀に、瞼が腫れることもあるのでどの保湿成分が使われているか、入念にチェックしましょう。

伸びやすいものを選ぶ

敏感肌の方は、断然伸びのいいアイクリームを選ぶべきです。目元は刺激に大変弱いので、伸びの悪いクリームだと刺激を与えすぎてしまいます。滑らかで柔らかいクリームなら、敏感肌にも優しく使えるでしょう。

プラスアルファの効果があるとなおいい

保湿成分だけでなく、プラスアルファで美容効果に直結する成分が含まれていると尚良です。理想の目元になりますし、何種類ものクリームを使い分ける必要がなくなります。

口コミのチェックも忘れずに

テクスチャーや成分だけを見ても、実際に使っていないので使用感や効果は分かりません。そのためアイクリームを購入する前に、実際に使っている人たちの口コミをチェックする必要があります。これにより肌荒れ、効果の有無がわかるので安心して買うことができます。

アトピーでも安心して使えるアイクリームの見分け方

アトピー肌には、肌ケアがとても大切だと言われています。中でも保湿は人一倍気を使うでしょう。とはいっても、アイクリームの種類も豊富にありますし、それぞれ含まれる成分が異なります。アトピーでも安心して使えるアイクリームの見分け方は選ぶ前に知っておくべきでしょう。

アイクリームに含まれる成分とは?

一般的に売られているアイクリームにはしわ、たるみ、はり、クマを改善する保湿成分とエイジングケア効果がプラスされています。また商品によってことなりますが、ペプチド、セラミド、レチノール、ヒアルロン酸、ビタミン類など有効成分が多く含まれています。加えて着色料、香料、保存料、パラベンといった添加物や、鉱物油由来の原材料が含まれる商品も多く出回っています。これらは、肌トラブルを起こしやすい成分なので、アトピー肌には不向きとされています。

アトピー肌にいい商品とは?

余計な成分が一切含まれていない無添加のアイクリームだと安心です。着色料、保存料、防腐剤が一切使用されていないので、肌が荒れる心配はありません。また、このような商品は敏感肌の方も率先して使用していることが多く、リピート率も大変いいです。商品によっては臨床実験や検証を何度も行ない安全確認をしていることもあります。

アイクリームを選ぶ際の注意点

20代だとまだ肌は若いですし、アイクリームを使う必要性はないのでは?と考える方も少なくありません。しかし実際は、アイメイクによるダメージで、老けが進んでいる可能性もあります。アイクリームでケアを始める際は、下記の事に注意しましょう。

初心者が陥りやすい罠

アイクリームは高級なものだと軽く五千円はいくので、できれば安く購入したいのが本音です。しかし、あまりに安価だとアレルギー反応を引き起こすキケンがあるためおすすめできません。

有効成分が含まれていないアイクリームもある

健康的で若々しい目元は、有効成分があるからこそ完成されるものです。ですから、有効成分が全く含まれないアイクリームは、選ぶべきではありません。特に安いものはその傾向にありますから、注意しましょう。

浸透力がないのはNG

肌にはすでに肌バリアが備わっているので、アイクリームをひと塗りすれば外側からしっかり保護します。この場合、できるだけ浸透力の高いアイクリームを選びましょう。浸透力が弱いと、せっかくの有効成分を肌の内部まで届けることができません。そのため、浸透性に重点を置いた商品を積極的に選びましょう。

お悩み別・人気アイクリームをリサーチ

年齢や疲れの影響が出やすい目元は、アイクリームできちんとケアすることが大切です。

ここでは、しわ、たるみ、しみ、くまの4つを取り上げて、それぞれの肌トラブルに効果的なアイクリームをご紹介していきます。

さらにその原因や対策、アイクリームの選び方などについてもあわせて見ていきましょう。

実際に使用して効果を実感できたという方の口コミなども参考にして、あなたのお悩みにぴったりのアイクリーム探しにぜひお役立てください。

しわ

一口にシワと言っても、原因は乾燥や加齢、表情など様々です。

そしてその原因ごとに、対策の仕方や効果的な成分も少しずつ変わって来るため、自分のシワに合わせたアイクリームを選ぶ必要があります。

ここでは、それぞれのシワごとの原因や対策方法をまとめ、目元の小ジワの改善にぴったりなおすすめのアイクリームをご紹介しています。

どれも実際に使用した方からの評価の高い商品を厳選していますので、愛用者の方の口コミなどもあわせてぜひ参考にしてみてください。

たるみ

老化のせいだと思われがちな目もとの皮膚のたるみですが、実は原因はそれだけではありません。

ストレスや紫外線、乾燥などで肌がダメージを受けることでも、たるみが起こりやすくなるのだそうです。

日頃からしっかりと対策をして、ハリのある目元を手に入れましょう。

ここでは目元のたるみに特に効果的な、おすすめのアイクリームをご紹介します。

実際に使用して効果を実感できたという方の口コミも参考に、目元のシワ対策にぜひお役立てください。

しみ

美肌の大敵ともいわれるシミは、いつの時代も女性の悩みの種ですよね。年齢が出やすい目元は特に、気にされている方も多いのではないでしょうか。

なかなか消えることのない頑固なシミですが、アイクリームを使って改善できるものもあります。

同じように見えるシミにも実は種類があり、それぞれ効果的な成分なども異なります。

ここでは、シミ対策に最適なアイクリームをいくつかご紹介します。

愛用者の方々の口コミも参考に、自分に合ったアイクリームを選んでみてください。

くま

目元のくまは、疲れて活気のない印象を与えます。正しくケアすることで、目ヂカラのある生き生きとした目元を目指しましょう。

くま対策にはアイクリームが効果的ですが、いったいどのようなものを選べばいいのでしょうか?

ここでは、数あるアイクリームの中でも特にくまの対策に効果的なものをピックアップしています。

実際に使用して効果を実感したという方の口コミもご紹介していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

【参考】年代別アイクリーム選びのポイント

年代別の目元ケアやアイクリーム選びのポイントなどをご紹介しています。なぜ年代ごとにアイクリームを変えていく必要があるのか、その理由もあわせて詳しくご説明していきます。

年とともにお肌の質が変わっていくように、アイクリームも自分の年齢に応じて変えていかなければいけません。昔から愛用しているものや、好きなブランドのものを使っている方も多いかと思いますが、まずは自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

20代

20代の肌にぴったりのアイクリームをランキング形式でご紹介しています。また、その愛用者の方の口コミもあわせて掲載しています。20代のアイクリーム選びのコツを知って、いつまでも美しい目元を保ちましょう。

まだ若いからと油断しがちな20代ですが、目元の乾燥やクマなどはきちんと対策していく必要があります。30代以降も生き生きとした美しい目もとを維持するためにも、アイクリームはぜひこだわって選んでみてください。

30代

仕事や家事、育児など何かと忙しい30代は、目もとにも疲れや年齢が特に表れやすい年代です。こちらでは、そんな30代のお肌にぴったりのアイクリームベストスリーを、愛用者の口コミと合わせてご紹介しています。今のうちから正しいエイジングケアをしていけば、40代以降の肌質も大きく変わってくるはずです!

そのほかにも、アイクリーム選びの際に注目すべきポイントなどもお伝えしていきます。お肌の悩みも増えてくる年代ですので、きちんとケアして周りと差をつけましょう!

40代

しわやたるみといったお肌のトラブルに効果的な、40代からの目元ケアにもぴったりのアイクリームをオススメ順にランキングにしています。使用した方々がどのような効果を実感できたのかなどもご紹介していますので、アイクリームを選ぶ際にぜひお役立てください。

20代、30代のうちのお肌ケアの結果は、40代になって表れてきます。特にエイジングサインが気になる目元も、年齢に適したアイクリームを使って改善していきましょう。

50代

50代からのエイジングケアに最適なおすすめのアイクリームをランキングでご紹介していきます。そのほかにも愛用者の口コミや、アイクリーム選びのポイントなどの情報も満載です。目元の小じわやハリなどは年齢のせいだとあきらめてしまいがちな50代ですが、正しいケアをすることで若々しい目元を取り戻すこともできます。

年齢によって使うべきアイテムも変わってきますので、自分のお肌にぴったりのアイクリームを使って、ふっくらとハリのある目元を目指しましょう。

年齢のお悩みを改善!正しい目元ケアHow to

いくつになっても若々しい美しさを維持するためには、お肌の中でも特に目元のエイジングケアはとても大切です。いつまでも美しくいたいというあなたにとって、知っておくとちょっと便利な情報をまとめてみました。

目元と年齢の関係やアイクリームの必要性、正しいケアの仕方や、やってはいけないNGな方法などもご紹介していきます。

絶対NG!間違ったケア方法

自分ではしっかりとケアしているつもりでも、実はその行動がかえって目元のシワやたるみの原因を作っていたという事も。

ここでは、一見目元のケアに良さそうでも、本当は老化の原因にもなりかねないNGな行動を解説しています。

また、ケア方法の他にも、日常生活の中で気を付けるべきことや直したいクセなどもあわせてご紹介します。毎日ケアしているのに目元のシワやたるみが気になったり、皮膚のトラブルがなかなか改善されないという方は要チェックです。

正しいケアの方法

目元の印象は、見た目年齢にも大きく関わってきます。中でも特に年齢を感じさせる原因となる、目の下のシワを改善・予防するための正しいケア方法をご紹介しています。

アイクリームだけでなく、日常生活でも意識して取り入れられるワンポイントアドバイスなども満載です。せっかくならば目元のアンチエイジングに効果的な習慣を取り入れて、アイクリームの効果をさらに引き出したいですね。

今日からできる、正しい小じわ対策を実践してみましょう。

どうしてアイクリームが必要なの?

化粧水や美容液にこだわりをもって選んでいる方は多いかと思いますが、アイクリームにこだわって目元のケアをしている方は意外と少ないものです。しかし、目元は年齢や疲れがとても出やすい部分なので、若いうちからしっかりと保護して整えておく必要があります。

アイクリームを使ったマッサージ方法

目元にエイジングサインが出やすいと言われる原因と合わせて、目元ケアにとって重要なアイクリームの必要性を解説します。アイクリーム選びのポイントなどもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目元ケアの効果をさらに引き出すために、アイクリームを使ってマッサージをする方法があります。こちらではその正しいやり方や、実践する際のワンポイントアドバイスなどをまとめています。

マッサージはやり方によっては逆効果になってしまうこともあるため、注意するべきポイントをここでしっかりおさえておきましょう。

また、マッサージの効果をアップさせるためのコツもご紹介しています。やり方はとても簡単なので、きっとすぐに試してみたくなるはずです。

ページの先頭へ
目元に効く!人気のアイクリームおすすめランキング