目元に効く!人気のアイクリームおすすめランキング

目元に効く!人気のアイクリームおすすめランキング

効果があるのはどれ?人気のアイクリームを徹底比較

2位 B.A ザ・アイクリーム
1位 イデアアクトR プロジェマックス リンクルボトセラム
3位 クレームコントゥールデジュー

【参考】年代別アイクリーム選びのポイント

ここでは、20代・30代・40代・50代の年代ごとに、アイクリームの選び方のポイントなどを紹介していきます。実年齢=肌年齢というわけではありませんが、アイクリーム探しの参考にしてみてください。

世代で異なるアイクリームの選び方

  • 「昔から同じものをずっと使い続けている」
  • 「ブランドやシリーズだけにこだわっている」
  • 「娘のアイクリームがよさそうだったから一緒に使っている」
  • 「店員・美容部員にすすめられるままに買っている」

みなさんはこうしたケースにあてはまっていませんか?

もしあてはまっているようでしたら、そのアイテムについてもう少し詳しく調べてみる必要があります。

その結果、自分の年齢に適したアイクリームであれば問題ありませんが、そうでなければ使用を考えたほうがいいかもしれません。

もちろん、そのアイテムが製品的にダメというわけではなく、年齢ごとに見受けられるお肌のトラブルに対処しきれないであろうから。

齢を重ねるとからだが求めるものも変わってきます。

たとえば、「昔はお肉や揚げ物をよく食べたけど、40歳を過ぎてからはあまり食べなくなった」など、若いころと比べて食べ物の嗜好がかわってくるように。

同じようにお肌が求める目もとケアの成分も変わってくるのです。

遊びざかり、はたらきざかりの20代・30代であれば疲労などからくるくまや小じわをケアで十分ですが、40代・50代になるとどうしてもたるみや大きなしわをケアする必要が出てきます。

本当はたるみを取りたいのに、若い肌の維持やくまケアに重点をおいたアイクリームを使っていては、せっかくもっているお肌の回復力を最大限に引き出してあげることはできません。

20代には20代の、50代には50代の目もとケアが必要なのです。

とくに、20代はこれから先のお肌のベースとなる大事な時期。いまちゃんと適したケアをできるかどうかで、30代以降の自分のお肌の状態がきまってしまうといっても過言ではないでしょう。

だからといって50代の方があきらめる必要もなく、しっかりとケアをすればいまからでも若々しい目もとを取り戻すことは十分に可能です。

自分の年齢に見合ったアイクリームを選ぶ。これが若さを維持する秘けつなんですね。

 
ページの先頭へ
目元に効く!人気のアイクリームおすすめランキング