目元に効く!人気のアイクリームおすすめランキング

目元に効く!人気のアイクリームおすすめランキング

効果があるのはどれ?人気のアイクリームを徹底比較

2位 B.A ザ・アイクリーム
1位 イデアアクトR プロジェマックス リンクルボトセラム
3位 クレームコントゥールデジュー

どうしてアイクリームが必要なの?

他のスキンケアアイテムと比較しても、少しの容量で高価なものが多いアイクリーム。では、アイクリームの必要性とはどのようなものか、わかりやすく解説しています。

アイクリームを使う必要性は本当にあるの?

ちりめんじわや目じりの笑いじわ、小さなシミにまぶた・目の下のたるみ……。老化は目元からといわれるほど、目元は年齢のお悩みが出やすい部分。

目元に年齢がでやすい主な原因を解説すると共に、アイクリームの必要性を紹介します。

-----

皮膚が薄い

そもそも目元は、顔のパーツの中でも特に皮膚が薄く、デリケートな部分。一説には、頬やおでこの皮膚の厚さをタオル程度だと考えると、目元はガーゼ1枚分ほどしかないというのだから驚きです。

そのため、乾燥などによる刺激を感じやすく、どんどんとダメージが蓄積していってしまうばかりか、うるおいを保つことも苦手なため、さらに乾燥しやすくなる……という悪循環が生まれます。

【アイクリームの必要性】

アイクリームは多種多様な美容成分が含まれていますが、その多くは保湿成分がメインとなっています。保湿が苦手で乾燥しやすく、さらに乾燥のダメージを受けやすい目元には、通常のスキンケアに使用される保湿成分だけでは不十分。それを補うのが、アイクリームの主な役目です。

必要な水分を補充してくれるのはもちろん、ピタッと密着するテクスチャのアイテムが多いため、目元を乾燥しにくくする役割も果たしてくれます。

-----

アイメイクによる刺激

より美しい目元を演出するために、アイメイクは毎日の必須項目。でも、デリケートな目元は、アイシャドウやアイライナー、マスカラといったコスメからも、着実に刺激を受けているんです。

さらに、しっかりアイメイクをした後、オイルタイプのクレンジングでゴシゴシとメイクオフする、ウォータープルーフのメイクが落としきれず残っているなどなど、より強い刺激を与える要素がたくさん。

美しさの要といえるパーツだからこその宿命です。

【アイクリームの必要性】

アイクリームには、硬くなってしまった皮膚を和らげる成分や、刺激によって生まれる老化の原因である活性酸素を取り除く抗酸化成分、その他にも目元を若返らせるための美容成分が、ギュッと凝縮されています。

その日のダメージはその日の内にケアして、翌日に持ち越さなければ、ダメージが蓄積され、気付いたら取り返しのつかないことに……を防げるのです。

ただし、アイクリーム自体がさらなる刺激になってしまった!なんてことがないように、できる限り無添加な、お肌に優しいアイテムを選ぶことが大切ですよ。

-----

疲れやすい

長時間パソコンやスマホを見ていることが多い現代では、目は疲れを感じるパーツの1つです。目が疲れると、目の周りの筋肉が委縮し、常に縮こまったような状態になってしまいます。この状態が長く続くと、しわが元に戻りにくくなってしまうのです。

また、1日1万5,000回~2万回もしているという「まばたき」も、それだけ目元の筋肉を動かしているということですから、目が疲れ、しわの原因となってしまいます。

【アイクリームの必要性】

毎日アイクリームを目元に塗るということは、イコール目元のマッサージをしているということ。疲れ目を翌日に残さないためにも、目の周りの血の巡りを良くしてあげることは重要です。

ただし、力が入りすぎたマッサージは、薄いお肌に刺激を与えるだけでなく、たるみの原因にもなりかねないのでNGです。

また、アイクリームの中には、緊張をしてしまった筋肉の動きを緩和する成分が配合されたものもあります。いわゆる表情じわの解消にとても効果的ですので、ぜひぜひ注目してみてください。

-----

以上のことから、やはりアイクリームは、効果的な目元ケアのためには必要性の高い、必須アイテムだといえそうです。

ただ、毎日のケアを続けるためには、あまり高価すぎるアイクリームを使うのはツライのも本音。価格と容量を調べた上で、1日当たりの価格が150円以下くらいのものを選ぶのがオススメですよ。

 
ページの先頭へ
目元に効く!人気のアイクリームおすすめランキング